1日2回の逆立ちで骨の歪みを治す


逆立ちダイエットとは

人気テレビ番組「世界仰天ニュース」で登場してから注目されているダイエット法、その名も「逆立ちダイエット」。最近このダイエットが注目を浴びて、実際に効果があったという声もよく耳にします。中には30kg痩せた人もいるそうです。逆立ちをするだけで痩せることができるのでしょうか。

 


スポンサーリンク

 

 

内臓もきれいにする逆立ち効果

人間は座っていることが多く内臓が段々と下へ下がっていきます。また骨盤や体が歪んでいると内臓はさらに下がろうとするのです。逆立ちによってそんな歪みを正し、体の位置を元に戻すことがこのダイエットの目的です。

歪みがなくなれば、体全体の代謝アップにもつながり、血流やリンパの流れもよくなります。また肩や腕、さらに腹筋なども共に鍛えられるため、基礎代謝もアップすることでしょう。体を伸ばすためのストレッチのひとつと思って実践してみましょう。

 

 

3タイプの逆立ちから自分にできるものを

逆立ちというと「昔はできたのに」と答える人がほとんどでしょう。とくに女性には苦手な動きのようです。しかし逆立ちといってもさまざまな種類があります。

 

WS000064

出典:http://lier.jp/582/

 

腕の力に自信があるなら、両腕だけで全身を支える逆立ちがおすすめです。

これは腕や肩の筋肉を使ので、インナーマッスルだけでなく、アウターマッスルも鍛えることになります。

 

腕に自信のない方には、首と両腕と頭を使って支える3点逆立ちなら無理なく取り入れられそうです。

頭に腕、首、頭それぞれに負荷がかかりますが、骨の歪みを治すだけでなく、筋肉を鍛えるのにも効果があります。

 

腕の力に全く自信のない方には、首と背中で全身を支える背中立ちがおすすめ。

手で腰を支えるので、無理なく逆立ちができます。最初から難易度の高い逆立ちをやってしますと、逆に体を痛めて続けられなくなってしまいます。まずは自分ができる程度の逆立ちからはじめてみましょう。

 

 

1日1回、逆立ちをする時間をみつけて

ふだん働いている方には、スポーツジムやジョギングなどをする時間をつくるのは大変でしょう。その点、逆立ちならば自宅で1日2回行うだけで効果がみられます。

1回につき1分は逆立ち状態をキープしましょう。「1分くらい簡単」と思われがちですが、これがけっこうきついのです。

 

できれば朝晩の2回が理想です。内臓の位置が元に戻れば、きっとむくみもとれて、今までよりもすっきりとした体型になるでしょう。そして元に戻した内臓の位置を維持するには、ふだん座っているときっも足を組まないなど気を付けるとより良いでしょう。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。