野菜スープで脂肪燃焼&デトックスし、ダイエットを成功させる


野菜スープダイエットとは

数年前から何度も話題になり、テレビや雑誌などでも注目された「スープダイエット」。正確にいうと「脂肪燃焼1週間スープダイエット」といいます。

野菜を生で食べるのと異なり、スープに入れると、野菜によっては溶けてカサが減ります。これはスープの中に凝縮した野菜の栄養が詰まり、一層の野菜パワーをたくさんいただけるといいうことになります。

 

どちらかというと生野菜は膵臓をはじめとする体の臓器に負担をかけやすく、また体を冷やすともいわれています。しかしスープは体を温める作用があり、消化吸収もよくて体に優しいのです。

 


スポンサーリンク

 

 

 

野菜が持つたくさんのパワー

野菜が持つパワーは計り知れませんが、ダイエットにも役立つさまざまな力を持っています。まずは野菜は低カロリーなこと。100gに対してチンゲン菜はわずか9カロリー、フキは11カロリー、みょうがは12カロリーと驚くような数字です。

野菜の中では高タンパク質の豆類は比較的にカロリーが高めといいますが、それでもグリーンピースが93カロリー、枝豆が135カロリー程度。栄養もとれてカロリーが低い野菜は、やはりダイエットに適していそうです。

 

さらに、野菜はデトックス効果と脂肪燃焼効果もあります。さらに野菜の中に含まれている食物繊維が腸を刺激して便通を改善し、長い間体内に残っている便を取り除きます。

腸が正常化すれば、あわせて血液もきれいになって、全身にある細胞が活性化されます。つまり野菜を食べれば食べるほど体内環境が改善され、代謝を上げてくれるわけです。

 

WS000021

出典:http://syouhikigen.com/category1/entry3.html

 

ダイエットだけでなく体質改善にもなる野菜スープ

野菜スープは、1週間続けると効果があるといわれます。スープは好きな時に好きなだけ食べましょう。スープの作り方は、玉ねぎやセロリ、キャベツやピーマン、トマト、またニンジンなど好きな野菜や季節の素材を好みの大きさに切ります。

大きめの鍋に、たっぷりの水にだしをとります。和風のだしやチキンスープの素、コンソメなど元の味付けを変えてみると飽きずに続けられるでしょう。

 

そして中火でしっかりと煮て、スープのカサが減ってきたら水を追加してまたさらに煮込みます。野菜が溶けたり柔らかくなってきたら、天然塩を加えて火から下ろします。

 

WS000022

出典:http://dietmotivation.net/diet_can_eat

味付けには、食用油や砂糖を使用しなければ、基本的にはなんでも構いません。飽きさせないことが大切なので、コショウやチリソース、カレーパウダーなど好みの調味料で味付けしましょう。

スープダイエットをはじめるときは飲酒は控えましょう。ダイエット中のアルコール摂取はダイエット効果をなくします。ダイエット中の理想の飲み物は水かお茶、100%ジュース、スキムミルク(無脂肪)になります。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。