水とフルーツ、野菜の摂取と運動で綾瀬はるかボディになれるダイエットとは


綾瀬はるかダイエットとは

数年前に大ヒットした、女優・綾瀬はるかの代表作といっても過言ではないドラマ「世界の中心で、愛をさけぶ」。この中で綾瀬はるかは、白血病に侵されたヒロインを演じています。

体を蝕んでいく病魔や抗がん剤の副作用によって痩せ細っていく役を演じるために、このときに青汁と玉子、ヨーグルトだけを食べる食事制限で約10kg減量したといわれています。

 

本来、綾瀬はるかは身長が165cmに対して体重47kgと、どちらかといえばスレンダーな体型ではありますが、バストやヒップなどは女性らしくふくよかなラインで、まさに憧れのボディともいえます。

ではどうしたら、綾瀬はるかのようなナイスボディがつくれるのでしょうか。またどうしたら役づくりなどで必要な際に、すぐにダイエットが成功するのでしょうか。

 


スポンサーリンク

 

 

徹底した食事で太らない体に

綾瀬はるかは、ストイックなほどに普段の食事面に気を付けています。まずは水をたくさん飲むこと。1日に3リットルのミネラル水を“常温”でこまめに飲むそうです。

3リットルとなると想像するだけでものすごい量ですが、一度に飲むのではなく“こまめに飲む”と苦にならないそうです。

 

ここでは体を冷やさないためにも“常温”飲むことがポイントです。役づくりのために急にダイエットが必要な場合は、1日に4リットル飲むこともあるとか。

 

 

そして綾瀬はるかは、食事はしっかりと食べます。朝食はビタミンCが豊富なフルーツを欠かさずに食べます。また、毎朝コップいっぱいの水にレモンの絞り汁を入れて、さらにビタミンCを摂取するそうです。

 

 

彼女の実家では父親が野菜を作っているため、野菜には困らず、常にとれたての素材を口に入れています。この父親の野菜をスティック状にして、味噌をつけて食べることもあります。

 

WS000018

出典:http://www.sbfoods.co.jp/recipe/detail.php?rcd=03831

また、ほうれん草を茹でておひたしにするなど、父親の新鮮野菜をシンプルに味わうように心がけています。このように毎日の野菜摂取が彼女のスレンダーボディだけでなく、美肌の要因になっているようです。

 

日々の運動でむくみ知らずの体に

綾瀬はるかは、意外にも日々運動をします。ビューティコロシアムに出演したときは、週2~3回90分のジョギングと90分の水泳を行っていました。

筋トレも腹筋・背筋・腕立てとこなし、エアロバイクは毎日15分行っていたようです。このあたりは番組企画で行っていたものですが、普段は毎日、30~40分早歩きでウォーキングをしています。

 

加えてプールに行き、1kmほど泳ぐこともあるそうです。こうして毎日運動を続けることと、フルーツと野菜のバランスのよい摂取で、あの女性らしさがありながらもスレンダーな体型が維持できるのでしょう。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。