口が寂しいから間食しているかを調べるアップルテストとは


アップルテストをする前の準備とは?

「アップルテスト」というダイエット方法は、皆さんご存知ですか?

リンゴダイエットというと、プチ断食型だったり、朝食をリンゴに置き換えるといった方法が一般的ですが、このアップルテストは少々変わった方法のダイエットです。

 

まず、アップルテストをご紹介するまえに、毎回の食事前にリンゴを食べる習慣を付けましょう。もし、毎回の食事前にリンゴを摂取することが難しい場合は朝食前だけでも構いません。

イギリスでは、「1日1個のリンゴで医者いらず」という教訓が存在します。リンゴを食事前に食べることで、リンゴに含まれている食物繊維の作用によってお腹が満腹になり、本来食べる食事の量を減らすことが出来ます。

 

このことから、おやつの代わりにリンゴを食べることで、満腹感が得られ、無理に食事制限を行わなくても、自然と食べ過ぎないように制御できるというわけです。

 


スポンサーリンク

 

アップルテストとは?

 

食事の前にリンゴを食べる習慣が付き、お腹の満腹感が得られるようになったら、続いて行うのが、このアップルテストです。

 

アップルテストとは、食事や間食などを行う際に、リンゴを丸ごと1つ食べることが出来るかどうかを考えるというものです。要するに、現在の空腹度チェックということです。

WS000030

出典:酵素飲料おすすめランキング

 

肥満の原因は、口が寂しくなったり、暇な状態が続くと、自然と口に食べ物を運んでしまうことだと言われています。本来、食事とはお腹が減ったときや体が甘い物や酸っぱい物などを欲しがった際に行うものです。アップルテストとは、本当に自分はお腹が減っているのがどうかを判断するいわば、簡易検査というわけです。

 

やり方は、非常にシンプルで「今、リンゴを丸ごと1つ食べることが出来るかどうか」を考えるだけです。もし、リンゴを1つ丸ごと食べることが出来たら、お腹が空いているということです。しかし、リンゴ丸ごと1つ食べられない場合は、あまりお腹が減っていないということになります。

リンゴを毎回食事前に食べてきた方なら、考えるだけで判断することが可能ですが、実際にリンゴを1つ丸ごと食べてからお腹が空いているのかどうか判断するという方法でも構いません。

 

アップルテストをした人の感想

アップルテストを行った方の感想は、リンゴを購入し、アップルテストを行ったそうです。その結果、リンゴ1つを完食するのに半日かかったそうです。また、中にはリンゴをいつでも丸々1つ食べられるという方もいらっしゃるようです。

 

リンゴダイエットを行う際は、月経中や病気の最中に行うことは禁止されています。しかし、アップルテストならば、食事制限が一切なく、ただ毎回の食事前にりんご1つ丸ごと食べられるかを考えるだけなので、無理せずに続けられます。

気になった方は、是非アップルテストを行ってみてください。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。