朝食にリンゴを食べて健康なダイエットを行おう!


朝にリンゴを食べて健康なダイエットを行おう!

リンゴを使ったリンゴダイエットや今じわじわと来ているNEWリンゴダイエット、さらにはキウイフルーツやみかんなどの果物を朝に食べる朝フルーツダイエットなど、様々なダイエット方法があります。

しかし、リンゴダイエットは長期間行うダイエットですから、毎日リンゴを食べ続けると飽きが来てしまいますし、NEWリンゴダイエットは短期集中型ですが、リンゴと水以外の摂取に制限が掛かるためストレスが掛かりやすいです。

 

では、朝にキウイフルーツやみかんを食べて朝フルーツダイエットを執り行おうにも、みかんやキウイフルーツには光毒性があるため、お肌の色素沈着が心配とお考えの方も多いと思います。

実は危険なお肌を老化させてしまう朝フルーツの存在!

 

そこで、オススメの朝フルーツダイエットに向いている果物をご紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

 

リンゴの優れた効能とは!

 

リンゴには、豊富な栄養素が詰まった体に優しい食べ物です。特にリンゴの果皮部分には豊富な不溶性の食物繊維が豊富に含まれているので、お通じの改善や子エステロールなどの余分な栄養素を体外へ排出する作用があります。

 

さらに、リンゴには豊富なカリウムが含まれているので、血液中の塩分濃度を正常に保つことが可能で、リンゴの豊富なカリウムのおかげで、血圧を正常に保つことが可能です。また、血液中のコレステロールを降下させる裏側では、善玉コレステロールを増加させ、心臓を守る役割があることが最近の研究で判明しました。

 

また、リンゴには抗酸化作用のあるポリフェノールが含まれており、「リンゴポリフェノール」と呼ばれています。このリンゴポリフェノールには、カテキン類やフラボノイド類といった数多くの優れた抗酸化物質を含んでおり、このリンゴポリフェノールを体内へ摂取すると、このポリフェノール自身が酸化させる身代わりの役割を果たすため、体の細胞を酸化させず、その結果、老化を予防することが可能と言われています。

その他にも、リンゴに含まれるリンゴフェロンには、虫歯を防止する効果や肺がんの発症リスクの軽減、さらには、リンゴの果皮を浮かべたお風呂に浸かってリラクゼーション効果などといった作用もリンゴにはあります。

 

安全なダイエット方法「朝リンゴダイエット」とは

 

やり方は非常に簡単なので、誰でも明日から始めることが出来ます!

まず、朝ごはんをリンゴ2個食べます。このとき、リンゴの品種で酸味が強いものは避けると胃に刺激がこないので、酸味の弱い品種のリンゴを購入しましょう。

リンゴ5品種の特徴とおすすめの食べ方
WS000029

出典:http://www.radishbo-ya.co.jp/shop/commodity/radish/2013123/00/0093/
リンゴの食べ方は、そのまま食べても良し、焼いても良し、さらに、ジューサーを使用して100%リンゴジュースにしてもOKです!調理方法は自由ですが、必ずリンゴは果皮まで摂取するように心掛けましょう。

 

朝食後の3時間以内は、カフェインの含まれていない飲料または水のみを飲用してください。3時間経過後は、どのような飲料を飲んでも構いません。リンゴを食べた後の3時間以内だけは我慢してください。

朝食をリンゴにするだけで、他の2食はお好きな食事を摂ることが可能ですので、ストレスフリーで行えるダイエット方法と言えますね。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。