みかんを使用した「みかんダイエット」のやり方


みかんを使用した「みかんダイエット」のやり方

 

日本の冬は何かと誘惑が多い季節です。例えば、年末になると行われる忘年会だったり、恋人や家族と過ごすクリスマス、お正月に帰省すると用意されているおせちやお雑煮を食べてゴロゴロ過ごす長期休み、さらに新年会を開催する会社も中にはあるかもしれません。

すると、長期休暇が終わるあたりで感じる体の重量感。体重計に乗らずとも、体重が増えていることが体感で分かっちゃうなんて経験は誰しもあると思います。

そこで、日本の風物詩であるみかんを使用した「みかんダイエット」をご紹介したいと思います。

 


スポンサーリンク

 

みかんダイエットの効果のほどとは?

 

みかんに豊富に含まれている食物繊維のペクチンという成分をはじめ、豊富なビタミンやミネラルのおかげで、体内の様々な部分に良い影響を与え、新陳代謝を活発にすることが出来ます。

さらに、ペクチンの効果によって肥満の原因となる糖分の吸収を抑制させたり、シフネリンという成分が、体内の脂肪を分解し、燃焼させるため、みかんはダイエットに効果的な食べ物として言われています。

WS000027

出典:http://venustap.jp/archives/948423

 

他にも、みかんにはお通じや冷え性、むくみを解消する効果やシミ、シワなどを改善するアンチエイジング効果、さらにはリラクゼーション効果まであるので、是非女性の方にオススメの食べ物です。

では、どのようにみかんダイエットを行えばよいのでしょうか?

 

みかんダイエットのやり方

 

みかんダイエットの行い方は、非常にシンプルで、みかんを1日に3個ほど毎日食べるだけです。しかし、みかんダイエットを行っている最中は、塩や砂糖、香辛料などが含まれている食品は一切口にしてはいけません!

飲み物にも気を遣わなければならないので、苦痛に感じる方もいらっしゃるかもしれません。しかし、みかんダイエットは、6日以上行うことを禁止しており、さらにインターバルとして4か月前後日数を開けて行います。長期間行うダイエットではないので、我慢強い人には向いていると言えます。

 

インターバル期間は、特に制限はありませんが、食事管理を行うことで、体重をキープすることが出来ます。また、毎日みかんを食べる習慣を付けることで苦痛をなくすように心掛ければ、みかんダイエットを再び行う際にストレス無く再開することが出来ます。

 

 

みかんダイエットの際のみかんの食べ方

 

みかんダイエットを行う際に最も重要な栄養素は、ペクチンとシフネリンです。特にヘクチンはみかんの外果皮に豊富に含まれていますので、出来るだけみかん丸ごと食べましょう。

みかんの皮を美味しく食べるための3つの調理方法

みかんは皮まで美味しく食べられるのを知っていますか?

 

しかし、輸入のみかんには農薬が付着している可能性がありますので、無農薬のみかんを購入しましょう。また、みかんの外果皮には、光沢を出すためにワックスが塗られています。40度のお湯に漬け込み、ワックスを洗い流してから頂きましょう。

 

温めたり焼いたりすると、外果皮から美味しく食べることが出来ますし、何より甘みが増すので、是非試してみてください。

果物を焼いて食べるだけで風邪予防!

 

<みかん>で来る2月14日のバレンタインデーに向けて、短期集中ダイエットを楽しく行ってみてはいかがでしょうか?


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。