便秘解消ができ経済的なオールブランダイエット


オールブランダイエットとは

今やシリアル系やフルーツグラノーラダイエットと並んで、メジャーな存在の「オールブランダイエット」。オールブランは小麦ふすまのことで、小麦の皮を原料に作られたシリアルの一種です。

見た目が地味で、あまりおいしそうに見えない上、食べた感じもボソボソして、けっしておいしいものではありません。しかし、味わい方に工夫しながらでも毎日取り入れると、整腸作用がありお通じ効果も抜群。その結果、ダイエットにつながったという声も多く聞きます。この「オールブラン」は、日々の生活でどのように取り入れると効果があるのでしょうか。

 


スポンサーリンク

 

 

インゲン豆よりも食物繊維が多いオールブラン

オールブランは、100%ブラン(小麦ふすま)でできているシリアルです。原料が小麦のため食物繊維が豊富で、とくに便秘にいいとされています。

ブランは小麦の外皮で、オールブランやブランシリアル、玄米ブランなどさまざまな種類が市販されています。ブランの食物繊維は1食40gあたりにつき約13gも含んでいます。食物繊維における成人女性の1日の目標量が17gなので、このブラン1食で70~80%もの食物繊維がとれることになります。

食物繊維量がトップクラスのインゲン豆ですら100gあたりにつき13.3gなので、ブランのその量は格別といってもいいでしょう。

 

WS000011

出典:http://www.atpress.ne.jp/view/18875

 

低カロリーなので置き換えダイエット食品にも

オールブランは、1食40gで約200キロカロリーと想像通り低カロリーです。よってカロリー制限中は他の食材をお置き換えて、食物繊維が豊富なこのブランをとるほうが体の栄養バランスもよくなりそうです。

またオールブランは経済的で、1食あたり50円程度ですみます。食べるだけで栄養がとれ、整腸効果があり、カロリーが低くて痩せやすい。これならダイエット方法としても続けられそうです。

 

オールブランはボサボサして食べにくいという欠点がありますが、牛乳やプレーンヨーグルトと一緒に味わえば食べやすくなります。牛乳やヨーグルトは、ただでさえ食物繊維が豊富で整腸作用のあるオールブランにプラスして腸を整えてくれます。

オールブランと乳製品の最強タッグで、便秘知らずの体になりそうです。そしてオールブランを飽きさせずに毎日とれるように、さまざまな工夫をすることも大切。

 

WS000012

出典:http://keroyonker.exblog.jp/3894735/

くるみやレーズンを合わせたり、リングやミカンなどのフルーツとも相性は抜群です。アボカドを入れて、ボリュームのある一品に仕上げてもいいでしょう。少し甘さがほしい時は、砂糖ではなくノンカロリーシロップやはちみつを用いると効果的です。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。