カレーを食べてダイエット&デトックス


カレー ダイエットとは

人気テレビ番組「ビューティコロシアム」で、お笑い芸人フォーリンラブのバービーが“朝カレー”で痩せたことが記憶に新しいと思います。また菅義偉官房長官がカレーダイエットをし、4カ月の間に14kgの減量に成功したことでも知られます。

「カレーダイエット」は、カレーを2日から3日おきに、少なめのご飯で摂るだけの簡単ダイエット法。また「カレーダイエット」から生まれた「朝カレーダイエット」もあり、一時期はテレビや雑誌などで取り上げられていました。

 

無理な食事制限をせずに「食べて痩せられる」ダイエット法なら、すぐにでも実施してみたいもの。この「カレーダイエット」はどうやって行うのでしょうか。

 


スポンサーリンク

 

 

スパイスのメカニズムを知る

「カレーダイエット」の方法は、カレーを食べるだけ。腹六分目くらいの少なめのご飯で、2~3日おきに食べるだけで効果があるのです。カレーは、ダイエットにおいてたくさんのメリットがあります。

市販のルーの中にも、1から自分で作る場合であっても、カレーの中に入っているスパイスがダイエットに効果的なのです。

 

カレーは、さまざまなスパイスを配合して作ります。このスパイスが体を温め、新陳代謝を活発化させます。シナモンやショウガなどはとくに体を温めるので、ダイエット目的はもちろん、女性に多い冷え性や肩こりの予防にも効果的です。

そしてコリアンダーは消化促進作用、クミンは胃を整え、ターメリックは肝臓の働きをよくします。レッドチリペッパーやブラックペッパーは脂肪燃焼促進や強い発汗作用、また整腸効果もありお通じをよくします。ニンニクを入れるとうまみが増すだけでなく、糖の代謝を助けます。

市販のルーよりは、これらのスパイスをブレンドして自分で作ったほうがダイエットだけでなく、デトックス効果も期待できます。

 

WS000008

出典:http://mixmac.exblog.jp/11931998

 

具材選びにこだわる

煮込み料理の王様ともいえるカレーは、煮込むほどにおいしさが増します。そして煮込むことで具材のカサが減り、たくさんの野菜を摂取できます。野菜はローカロリーでビタミンも豊富。野菜が溶けたルーも、この野菜のたくさんの栄養素を含んでいて体によくてヘルシーです。

 

WS000009

出典:http://iecurry.jp/recipe/recipe.cgi?id=75

具材には野菜や肉のほか、きのこ類を使うとさらにカロリー軽減できダイエットに効果的。そして肉はできるだけ、カロリーの少ない鶏肉がおすすめ。脂の多い皮や脂肪部分は、削ぎ取って使用するようにしましょう。ダイエットを成功させるのは、具材内容をかえて飽きずに続けることも大切です。


スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。